国内で挙げる結婚式

国内で挙げる結婚式のメリット

国内挙式のメリットの一つは、実際に式場の見学ができるということです。ブライダルフェアや模擬挙式などしている式場も多いので、参加して自分たちの結婚式のイメージをすることができます。式場に行ってみると…

国内で挙げる結婚式のデメリット

国内で結婚式を挙げる人が多いですが、メリットだけでなく、デメリットを知っておきたい人が増えています。国内で結婚式を挙げると、招待する人数が増えるので、費用がかさみがちになります。海外挙式に比べると…

格安結婚式と普通の結婚式の違い

格安結婚式は普通の結婚式を挙げるのが時間や金銭的、価値観的に合わない方に適しています。ごく少数の親しい人たちと慎ましい結婚式を行えるのがメリットです。

国内で挙げる結婚式の会場の選び方

理想の結婚式をイメージする

結婚式の会場を選ぶにあたって、まずは「2人の理想の結婚式」について考えてみましょう。チャペルでドレスを着て式を挙げる、和装を着て神社で式を挙げる、ガーデンで華やかに、和食のお店でゆったりと…など、様々なパターンがあります。また、ゲストの人数や構成、結婚式を行う季節なども、結婚式の雰囲気を左右するポイントとなります。具体的なイメージができない場合は、「和風か洋風か」「カジュアルかフォーマルか」「派手めか大人しめか」など、キーワードで考えてみることをおすすめします。 理想の結婚式がイメージできたら、その中で特にこだわりたいことや妥協してもよいことをしっかり話し合っておくと、より会場のリサーチがしやすいでしょう。

現実的な部分に目を向ける

理想について考えるだけでなく現実的な要素に目を向けるのも重要で、その中でも最たるものは「予算」です。婚約から結婚式、新婚旅行や引っ越しに至るまで、結婚に関わる出費は多いもの。招待したゲストからもらうご祝儀や親からの援助などを予算として組み込むこともできますが、それらはあくまでも未来に入ってくるお金ですので頼り過ぎは禁物です。親の援助が明確に決まっている場合でも、費用分担などの調整が難航すると2人だけにとどまらず両家の親を巻き込んでの揉め事になる可能性があるため注意が必要です。また、予算が決まるとそれに従って会場の規模や招待できるゲストの人数が決まるということもあるため、結婚式に使えるお金がどれだけあるかということは早い段階で決めておきましょう。

海外で挙げる結婚式

ハネムーンを兼ねて、海外での人気のリゾート地などで結婚式を挙げたいという新郎新婦も最近は増えてきています。一概に海外といっても人気のある場所は、ハワイやグアム、ヨーロッパなど多岐にわたります。ここでは、海外で挙げる結婚式のメリット、デメリット、会場の選び方について、ポイントを記します。

海外で挙げる結婚式のメリット

結婚式を挙げる時、国内で結婚式を挙げる人は圧倒的に海外で結婚式を挙げる人よりも多いです。海外で結婚式を挙げるメリットは、いくつかあります。まず一つ目は、海外で挙げるのでそれほど大勢の人々を招待する…

海外で挙げる結婚式のデメリット

海外挙式の場合、場所やチャペルの様子を事前に見ることができません。パンフレットやホームページだけで大まかなイメージはつかめるでしょうが、やはり実際に見てみなければわからないこともあります。式の打ち…

海外で挙げる結婚式の会場の選び方

海外で結婚式を挙げる場合、チャペルにしようか教会が良いのか迷ってしまうという人は少なくありません。中にはどちらも違いはないと考えている人がいるのかもしれません。確かにどちらもお祈りをする場所という…