海外で挙げる結婚式の会場の選び方

チャペルと教会の違いを把握しておく

海外で結婚式を挙げる場合、チャペルにしようか教会が良いのか迷ってしまうという人は少なくありません。中にはどちらも違いはないと考えている人がいるのかもしれません。確かにどちらもお祈りをする場所という意味では同じです。しかし正確に言えば若干の違いがあり、結婚式を挙げるならチャペルにしておく方が無難です。理由はお祈りをするために使うことがあるものの、チャペルは結婚式を挙げるために作られているのが一般的なのです。そのため豪華な内装やきれいなステンドグラスが使われてことが多く、非常に華やかな結婚式が挙げられる確率が高いです。それに対して教会は、地元の人たちがお祈りをするための場所で、特に日曜日は使わせてもらえないことがあります。さらにお葬式が入ると、結婚式はキャンセルされてしまうことがあるので注意が必要です。

業者による式場の違い

海外で結婚式を挙げる場合、業者に依頼するという人は多いでしょう。個人で式場を探すのは大変なので、プロに頼むのはとても良い方法です。ただしどの業者に依頼するのかで、使える結婚式場が大きく変わってきます。例えば結婚式のプロデュース会社の場合ですが、やはり専門の業者だけあり、さまざまな衣装や現地ならでは演出などが期待できます。さらに二次会のパーティーまで任せることができることがあります。

それに対して旅行代理店に頼むと、結婚式と新婚旅行をまとめたプランを提案しているケースが多いです。さらにゲストが泊まるホテルの手配をしてくれていたり、送迎バスがあったりと何かと便利です。しかも大手の旅行代理店の場合だと、チャペルや教会はもちろん、いろんな施設と取り引きがあります。そのおかげでたくさんの結婚式場から選べるというメリットがあるのです。